多次元からの情報を受ける通信機というものが人体を99回転をしている最中に現れました。
それは肉眼では見えないのでそれに匹敵するものはないかと思っていたところにありました。

これはすごいものを見つけたと喜びました。

 

多次元からの情報はこの通信機を頼りに「感応」「テレパシー」で享受しております。

チャクラの回転は右回転。高次元に上がるほど回転力は速くなります。

 

この通信機も右回転です。実際に3次元の肉眼でそれを見ることができるので説明しやすいです。

この通信機から出ている周波数は人間の脳の後頭部付近にあり
肉眼では見えない百万本のアンテナが作り付けにされていてそこに共振されると

多次元の情報を受け取ることができるのです。

 

私はまず自分のアンテナをクリアにする為に仏道修行を行いました。
お経に書いてあることを実践してそれを人に伝え魂と心を磨いて行きました。

 

そしてある時 お寺の信行道場での出来事で水をかぶり唱題修行の最中にそのアンテナがクリアになり

今でもその時の感じを覚えています。ラジオなどで周波数をチャンネルに合わせる時の周波数音です。
それが聞こえたのでつながったと感じました。

 

そして人体を99回転をしながら通信機からくる波長を合わせました。
そしてようやく多次元からの様相が送られてきたということになります。

 

それをまとめたのが5巻の巻物です。ここまでくるのに20年かかりました。

この通信機がなければそのことが出来なかったでしょう。ありがたいことだと思いました。

その情報を皆さんにご紹介させて頂いております。

 


人間の心には良い心と悪い心があります。
生きていると知らず知らずのうちに どうしても悪い心を使ってしまいがちです。

 

悪い心を使ってもバチは当たりませんが 魂は汚れ肉体は退化の方向に行き「老化」の速度を速めます。
悪い心は「マイナスエネルギー」と言われその心を使うことで多次元の創造神と連動して

その心のエネルギーを滋養とされてしまいます。

 

悪い心の方が出やすいので病気になる人が多いというのが現状です。

逆に良い心を使える人は明るく活動的でいつも元気です。

 

こういう人は悪口を聞いても賛同せずその悪口を聞きません。

みなさんもご自分がどのような心を使っているか検証して見て下さい。

 

病気がちの人は悪い心を使わないで良い心を使うことで元気になります。

魂と心はそのように心の様相で元気になるし病気にもなります。

 

身体が具合悪ければ反省して良い心を使うと元気になります。

心と身体は連動しているということになります。

心と魂の映像もありますのでよくご覧になってお試しになられて下さい。


このコマは子供とハンバーガー店に行った時に貰いました。「一生駒」と名付けました。
最初は何も感じませんでしたが 何かの時にふっとこれは面白いなぁと思いました。

 

駒を回していると人間の一生とはこんな感じかなぁ。あっという間であっけないなぁと思いました。
最初は勢い良く回っても段々スピードが落ちてやがて止まってしまいます。

 

人間もそうです。若い時は皆元気でも 年を取るごとにあっちが痛いこっちが痛いと言って
病気になって死んでしまいます。しかし救いの宇宙船が現れてその駒が救済されて行きます。

肉体は救われなくても心が救われるということです。

 

心が救われれば怖いものはありません。どうしたら苦しみから解放されるか?

それには足ることを知らない欲望を脱して綺麗な物を着たい 美味しい物を食べたい
大きな家に住みたい 偉くなりたい お金が欲しい 異性が欲しい という欲望の渦を抑えることです。

 

あればあったで良いし なければないでいいという心を創ります。
要は貪らない中道をを目指します。

 

そして褒められても天狗にならず 悪口を言われてもガッカリしないという自惚れない心をつくること。
そして自分の魂を大きく磨いていくという他人に対して喜びを与えるという実践です。

 

この3つのことが出来ればこの宇宙船によって救われるということになります。
私はこれを見てそう感じました。

 

ですからこの映像を見た方もご自分の一生を考えて頂きたいと思います。

人生はあっという間です。宇宙船に乗船できるよう魂&心を磨いて頂ければありがたいと思っています。

 


「魂の実体」についてですが 目では見えない形なので中々形には表せないと思っていたところ
こうした物が手に入りました。私は見た瞬間にこれだと思いました。

 

心と魂がつながっていて連動して右回りに回っています。
チャクラの動きとも連動しています。

 

ゆっくり回っていますがこれは3次元のスピードと解釈してください。

次元が上がるに連れ回転の速度は速くなります。
心の回転は常に同じスピードで回転しています。

 

心臓の鼓動に似ています。速くなることなく遅くなることもありません。
常に禅定を保っています。そして偏らない中道の心を目指しています。

魂はとても綺麗なのですが3次元の生活に慣れてしまいますとこの綺麗な球が淀んできます。

 

元々は綺麗なのですが 3次元の生活において貪る欲の心が増長してしまうためです。

そして折角の魂が汚くなって人間は転生を繰り返して行くわけです。
この魂をより大きな物にしながら綺麗にして行くことが目的なのです。

 

その目的とは何か?それはこの世では満足を求めてはならないということです。
満足を求めることで苦しくなるのです。この世は「不満足」であるということを考えたならば
今おかれている立場に感謝の心を出さなければなりません。

 

人間は欲深い生き物であるため 不満足な状態から出ようとして苦しんでいるのです。
そして知らず知らずのうちに魂を汚してしまっているのです。

 

魂は見えません。ダカラ人間は満足を求めようとしてそれが思い通りにならないと言って苦しんでいるのです。

 

貧乏な人はまずはお金が欲しいとして働きます。お金が入ると今度は仕事が忙しくなります。
今度は時間がなくなります。休む暇がなくなるのです。そうなると身体を壊し病院へ行きます。

この連鎖を絶たなければ苦しいのです。

 

「魂、心」は何事にもとらわれない中道を基本としています。

この心と魂を磨いて大きくして行くことが人間の本当の目的です。
ぜひこの映像を照らし合わせて実りある自分を気づいていただけたならありがたいことと思います。

 


多次元の様相がわかるには、

人体を一日99回転させることであるとプレアデスから指摘され

実際に人体を回転させることを試みました。

どのようにやっていたかを紹介したいと思いましたので映像にてご覧ください。

 

そして回転中に人工衛星らしきものが降りてきて 

それが多次元との通信機であると感じました。

 

通信機から得たメッセージを5巻の巻物に残しました。

その内容をご縁のある方に公開し1人でも多くの方に広めたい

私の任務はこの巻物を拡散してくれる人を探すことです。

 

次の世代にこのバトンを引き継がなければなりません。

どうかこの映像を観て「ビッビッ」ときた方 

是非この巻物をお手に取ってご覧ください。

 

※今では回転しなくても 意識すればいつでも通信機は観えます。


多次元からの周波数の音


大自然の虫はなぜ鳴くのでしょうか?ただ鳴いているのではありません。

 

人間の周波数を読み取っているのです。どんな人間かを。

そんなことを思っていたら自宅にて虫の音色と同じような音色が鳴り響きました。

この映像は多次元の存在で高速人間をアップした後に撮った映像です。

実際、なまで聞かないと信じない人がいるので、運良く録画に成功しました。

こう言う時は身構えると撮れないものですが、ありがたいことに録画が出来ました。

虫の音のようですがかなり大きな音でした。
 
凄い体験をしました。カーテンから聞こえてくるのです。

 


私達が住むこの地球、3次元の世界では「時間」という概念が存在します。

しかし多次元の世界では時間という概念はありません。

 

多次元世界の住人から見た地球のスピードは極めて遅く

武器にしても原子的で高次元の住人には全く通じません。

 

人間だけが高等の生物であるかのように思われがちですが、

地球の人間よりはるかに進化した住人は高次元世界に存在しています。

 

今回お届けする映像は高速人間をリアルに表現したお話で、

地球人と周波数の違いによる高速人間がエンタープライズ号の船長とのやり取りを表した作品です。

 

「多次元へのアクセス99回転」に人体を回転させた映像がありますが、

これも速度を速めることで多次元にアクセス出来、多次元の存在を理解出来ます。

 

地球の人間の目には見えない世界は速度の違いによるもので、

人体の速度を速めることで認識出来ると言うことです。

 

言葉が速いと言うことはそれだけ速度が速くなり「虫」が飛んでいる音として聞こえます。

この映像ではその辺りを分かりやすく映し出していますので

その辺りを感じ取って頂ければ有り難いと思っています。

 

 

 



ウルトラセブン 第8話 狙われた街
脚本:金城哲夫 監督:実相寺昭雄 特殊技術:大木淳

メトロン星人の話は以前からとても気になっていました。

これは単なるTVでの映像ではないと感じていました。
このビデオを編集したのは2006年11月です。今から10年前に創りました。

この年から宇宙とのコンタクトが始まりました。きっかけは当院にお越し頂いた患者様から伝えられた事から話は進み、次第に宇宙の様相が分かりかけてきた時期でもありました。

この作品の内容は50年経った今 同じような事件が起きています。
実相寺監督は50年後の未来を映像化した事になります。

そしてこの作品を通じて一人一人の人間の心には「感情」と「理性」というものがあるのだという事を 肝に命じて頂けたらと思っています。

そして大事な事は、人間が「感情」と「理性」を失った時に戦争が起こり人類は滅亡してしまうという事の警告メッセージと解釈しなければなりません。

本当に深いお話しなので意味深長にお考え頂きたいと思います。


ウルトラセブン 第26話 超兵器R1号 
脚本:若槻文三 監督:鈴木俊継 特殊技術:的場徹

 

第2章は「超兵器R1号」の作品です。これは50年経っても未だ解決出来ない「阿修羅」の戦いです。

どちらも正義を主張していますが、共に心の平安がありません。

 

超兵器を持てば平和が保てるという解釈が正しいか?映像ではそれを使用した結果どうなったのか?

超兵器を持つだけで使わなければ許されるのかという事を本当に考えさせられます。

超兵器を持って相手がもっと強い超兵器を造ったら、

こちらもそれ以上の超兵器を造れば良いという考えをどう捉えますか?

 

ダンは「血を吐きながら続ける悲しいマラソン」と言っています。

現代社会に置かれても大きなテーマとなっていますが映像と共に一緒に考えて行きましょう。

 



氷河時代~零下140度の対決~は無意識に編集させられた作品です。

残念ながら事情によりYouTubeにはUP出来ませんでしたが、当院にてDVDによる視聴は可能です。

 

最後まで地球防衛軍の基地を見放さなかった長官が倒れ

桐山隊長は基地から撤退すると言いましたが必死に隊員らは頑張りました。

 

ここで大事なことは「どんなに苦しくても諦めないという事」です。そのことを教えています。

「耐え忍ぶ」と言う事です。「ダメになりそうな時に頑張る」という事です。

ポール星人も「人間のもつ忍耐力」に脱帽しました。

忍耐する力は凄いことだということを学んだということになります。

 

皆様の人生においても必ず忍耐力が試される時がやってきます。その時にこの映像を思い出して下さい。

地球防衛軍の隊員らが頑張ったように 皆様おひとりおひとりが痛み苦しみから解放され乗り越えられますことをせつにお祈りさせて頂き、宇宙意識からメッセージをお伝えすることと致します。

 

 


その1概要 1961年~1984年 0歳~23歳

 

誕生~学生時代は卓球部に所属 10年継続
中学時代は部長を務め 高校では新人戦で強豪法政二高の二番手に 

まさかの大番狂わせで奇跡的な勝利を得 その大会でベスト8に進出する 

気分は最高!!

 

大学では3部リーグから1部リーグへ昇格 
部長として3年目に 1部リーグ優勝し胴上げを体験 気分は最高!!

 

4年生の時将来のことを考え 就職をどうするかを考えていたところ
高校時代の友人の紹介で人工ダイヤモンドの販売(ネットワークビジネス)を始める
月収100万円を達成し ハワイ無料招待され
グループ傘下が広がり 会社の幹部候補を目指したが・・・
女性パートナーとの縁は・・・


その2概要 1984年~1986年 23歳~25歳

 

月収100万円を達成し 金銭感覚がマヒ 
女性パートナーとどうなるか まさか私の友人と結婚するとは

 

大学卒業と同時にダイヤモンドのビジネスを辞めビル清掃の仕事につく
教員免許取得のため もう一度大学に入学 

 

今では当たり前ですが 当時ハウスクリーニングはまだなく 

これはビジネスになると思い 開業に至る


その3概要 1986年~1988年 25歳~27歳

 

ハウスクリーニングで紹介ビジネスを展開
紹介者3軒目で その方とエステサロンをオープンするか

エステの顧客で尼僧が紹介され まさかの仏門に入ることに・・・


その4概要 1988年~1992年 27歳~31歳

 

エステのオーナーが持家を貸してくれる 

金妻の舞台 町田市つくし野 5LDK豪邸
つくし野サロンオープンの為 駅前に店舗を借りるもまさかのオープン断念 

 

仏壇が入る
ハウスクリーニング ビル清掃を仕事として 仏門に入る

 

縁あってお釈迦様の聖地を巡礼 得度し正式にお坊さんになる
お寺では首席で挨拶し 声明師 伝師 教会拝受


その5概要 1992年~1995年 31歳~34歳

 

教会拝受のため 師匠のマンションを借りる
この先どう修行すべきか 一人で如説修行(托鉢)する

 

千葉の市川にてお題目修行 道場には50人近く集まる
市川道場の教会長と意気投合し結婚するところまで・・・
衆生浄化と結婚祈願のため伊勢神宮に公式参拝する

 

師匠のマンションから 千葉中山法華経寺へ転居 

一人修行はじまる 34歳でお寺を退寺


その6概要 1990年~1992年 29歳~31歳

 

お寺での修行の体験談
善の心を増長し悪の心を止めるという
陀羅尼品法華経26番を唱える

 

100回陀羅尼を唱えよということで無心で唱える
暫く唱えていると 身体が跳ね 息苦しくなる 

 

師匠に相談するとその原因がわかる・・・
前世があかされる・・・守護霊との交信・・・
お九字とは・・・霊界のしくみとは・・・
「鬼退治」の秘宝を得る・・・霊を降ろす修行・・・
チューニング音(周波数)が聞こえた・・・


その7概要 1992年~1995年 31歳~34歳

 

管長大僧正からの体験談・・・
お金がない どうしたらいいのか?
前世で管長に対して何かを訴えて・・・
言わなくてはいけないのだ・・・

 

如説修行(托鉢)修行・・・お布施をいただく・・・
一人で生活するのは寂しい・・・

 

中国人との結婚・・・単身で中国へ渡る
結婚までの道程が厳しく 結婚がこんなに大変だとは・・・
国際結婚は難しい・・・


その8概要 2003~ 42歳

ディズニーランドの本社床清掃中 偉い人の椅子を落とし破損
この仕事が終わると直観で感じる

 

分厚い5m幅のコンクリートの壁が開き潜在意識の扉が・・・
身体には直接触れず 意識体に気を入れる

 

料金を頂くか迷っていたら・・・
最初の患者さんがいきなり前立腺がん 大腸がん 
凄い反応 これがガンか?

 

指導霊からの助言で 病気を早く治そうとして「念じる」と
違う種類のエネルギーが出ると言うので・・・


その9概要 2005年~2006年 44歳~45歳

腰椎すべり症 ブロック注射しか治療なく・・・
夢ではなく 夜中に霊的治療を受け 目が覚めたら痛みがない・・・

 

気療中 多次元の世界へ幽体離脱 多次元の様子 
霊的手術が始まった 眉間に穴が開いた・・・

 

記憶にある夢は実際にその次元に行っている
霊界から赤ちゃんが来ると知らせが・・・


その10概要 2007~2011年 46歳~50歳

 

娘の誕生を機に飛躍の道へ 多次元との交信
UFOに乗船 テレパシーでの会話の内容は・・・

 

眼のしびれの患者さん 
能望を唱えよ・・・

 

高次元にアクセスするには回転せよ
一日99回転の修行をすると・・・
意識が多次元に行くが帰って来れなくなるところ・・・
母の死後の様子・・・